半田利弘の経歴:公式編

 1959年1月13日、東京都大田区羽田生まれ。 金沢市、鎌倉市、長野県南佐久郡南牧村野辺山、 三鷹市、多摩市と転住し、現在は、鹿児島市在住。

 早稲田大学理工学部物理学科卒、 東京大学大学院理学系研究科天文学専門課程修了。理学博士。 専門は電波天文学。 電波観測によって、天の川銀河や他の銀河の星間物質の状態と構造の 関係について研究している。

 研究活動のほか、天文普及活動も積極的に展開しており、 東京では、科学技術館ユニバースでの案内役のほか、朝日カルチャーセンターの講師、 その他講演会の講師を多数引き受けていた。

主な役職

 日本天文学会理事(元)、日本天文学会教材小委員会委員長(元)

所属学術団体

 日本天文学会正会員、日本物理学会正会員、国際天文連合(IAU)会員

著作物

リストへ

学歴・職歴

1974-77年神奈川県立 湘南高等学校
1978-82年早稲田大学 理工学部 物理学科
1982-87年東京大学 大学院理学系研究科 天文学専門課程
1987年学位(理学博士)取得
1987-88年東京大学付置東京天文台野辺山宇宙電波観測所 教務補佐員
1988-88年日本学術振興会 特別研究員
1988-2010年東京大学大学院理学系研究科天文学教育研究センター 助手・助教
2010-現在鹿児島大学 大学院理工学研究科・理学部物理科学科 教授

プライベート編へ