鹿児島大学天文学談話会

鹿児島大学理学部天文学談話会とは、 宇宙物理学研究室の学生やスタッフを主たる対象として、 鹿児島大学を訪れている天文学研究者が自らの研究成果を中心に紹介する会合です。 不定期に開催されますので、興味がある方は積極的に参加して下さい。 (宇宙物理学研究室に所属していない人でも聴講参加できます。) 講師には原則として旅費援助や謝金は支給されません。 言語は日本語が標準ですが、講師によっては外国語(英語)となる場合があります。

談話会開催を希望する方は、世話人 (2015年度は半田利弘) までご連絡下さい。

履歴

第1回 2012/1/17 松永典之(東京大学)「銀河系中心領域の変光星探査」
第2回 2012/2/07 林 正彦(国立天文台)
第3回 2012/4/13 Ross Burns(Cardiff University/鹿児島大学)
第4回 2012/7/17 Matin Bureau(Oxford University)「Observing Galaxies in 3D」
第5回 2012/12/5 郷田直輝(国立天文台)「赤外線位置天文観測衛星JASMINE計画と銀河系探求」
第6回 2013/2/28 砂田和良(国立天文台)「Far-infrared properties of YSOs」
第7回 2013/4/18 今井 裕(鹿児島大学)「西オーストラリア滞在報告」
第8回 2013/4/26 Orosz Gabor (Budapest University of Technology) 「Optical–radio positional offsets for active galactic nuclei」
第9回 2013/7/19 Ross Burns (Kagoshima University) 「Structure and Kinematics of the Milky Way based VERA observations of IRAS 20143+3634, IRAS 20056+3350 and other maser sources」
第10回 2013/8/ 9 亀﨑達矢(鹿児島大学)「星形成領域NGC2264とX線源」
第11回 2013/10/11 小林秀行(国立天文台)「国立天文台の今後10年間」
第12回 2013/11/5 福井康雄(名古屋大学)「A new tool to measure dense HI gas based on the Planck dust properties: Evidence for massive HI envelopes surrounding CO clouds」
第13回 2013/12/ 6 亀﨑達矢(鹿児島大学)「星形成領域NGC2264CとX線源」
第14回 2014/ 1/10 Ross Burns(鹿児島大学)「The role of disks in high mass star formation」
第15回 2014/ 1/17 二間瀬敏史(東北大学)「弱い重力レンズによる宇宙の構造形成理論の検証」
第16回 (暴風雨による大学閉鎖のため2014/9/29に延期)
第17回 2014/ 7/14 亀﨑達也(鹿児島大学)「NGC2264C領域の距離測定とX線放射を伴うクラス0候補天体」
第18回 2014/ 7/16 Ross Burns(鹿児島大学)「Using archival infra-red data as diagnostics for star forming regions」
第19回 2014/ 7/25 Gabor Oroz(鹿児島大学)「Exploration of high precision astrometry for stellar maser sources with very long baseline interferometry」
第20回 2014/ 9/19 Gabor Oroz(鹿児島大学)「Evolutionary diagnostics of AGB stars using time variation of maser species」
第16'回 2014/ 9/29 Ross Burns(鹿児島大学)「trigonometric distance to IRAS20056+3350: massive star forming region on the solar circle」
第21回 2014/11/10 Ryan Shannon (CSIRO Astronomy and Space Science) 「Constraining the Supermassive Black Hole Population with Gravitational Waves and Pulsar Timing Arrays」
第22回 2014/12/4 吉井 讓(東京大学)「東京大学アタカマ天文台(TAO)プロジェクト」
第23回 2015/1/14 長尾 透(愛媛大学)「Subaru Wide-Field AGN Survey (SWANS) with HSC」
第24回 2015/3/6 田村隆幸(JAXA 宇宙科学研究所)「X線で探る宇宙の大規模構造と暗黒物質」(取消)
第25回 2015/7/24 表 實(慶應義塾大学)「インターネット望遠鏡ネットワークが切り開く天文学教育の新たな可能性」
第26回 2015/8/7 古屋 玲(徳島大学)「乱流と磁場で支えられたフィラメント状分子雲で形成された 暴走的に収縮する分子雲コアおよび『原始的分子雲コア』の発見」
第27回 2015/10/8 Steve Goldman(Keele University)「The evolution and mass loss of AGB and RSG stars」