日本天文学会2011年秋季年会 公開講演会


designed by Chihiro Nakai (Kagoshima University)

概要

日本天文学会では、研究発表会である年会に際し、 開催地に在住する一般のみなさまを対象に、 自ら天文学に親しんでいただけるよう 出席する天文学者が語る「公開講演会」を開催しています。
この機会に学術としての天文学にふれてみてはいかがでしょうか?

内容

テーマ
天文館から天の川へ〜鹿児島で語る最新の宇宙像
日時
2011年9月18日() 14時〜17時(開場は13時)途中入退場可
場所
鹿児島大学稲盛会館

市電2系統 工学部前電停、下車すぐ
鹿児島観光コンベンション協会による案内
鹿児島大学工学部による案内
対象
中学生以上・一般向け(小学生以下でも希望する方は参加いただけます)
内容
(1)天文館からVERAまで
面高俊宏(鹿児島大学 特任教授)
鹿児島の繁華街、天文館には、江戸時代に薩摩藩の天体観測施設が置かれ、 最新の天文学研究が行われていました。一方、現在の鹿児島では、 2つの宇宙基地があるばかりでなく、天の川の“測量”を目的とする 世界的にもユニークな望遠鏡VERAが置かれ、鹿児島大学はそれを使った 研究をはじめ様々な天文学研究が行われている日本有数の研究拠点となっています。 このような歴史と鹿児島大学で現在進行中の研究について、 楽しく紹介していただきます。
(2)ダイエット中の星々
田中培生(東京大学 准教授)倉山智春(鹿児島大学 研究員)
星座の星である恒星は、夜空で見かける静かなイメージとは異なり、 かなりダイナミックな存在です。特に、星によっては、 大量の物質を宇宙空間に噴き出し、星自体の重さすら大きく変わってしまうことも わかってきました。その最新の成果を、異なった観測方法で研究を進めている、 お二人に対談形式で楽しく紹介していただきます。
(3)現代の銀河鉄道沿線図
郷田直輝(国立天文台 教授)半田利弘(鹿児島大学 教授)
七夕や銀河鉄道でなじみ深い天の川。その実体は直径10万光年にも及ぶ 渦巻銀河です。しかし、自分たちがその中にいるため、その全体像を 把握するには工夫がいります。最新の研究で明らかになってきた その姿と将来の観測計画などについて、異なった観測手段を用いて研究している お二人に対談形式で楽しく紹介していただきます。

申込

関係団体

主催
日本天文学会
共催
鹿児島大学
後援
鹿児島県教育委員会、鹿児島市教育委員会、 鹿児島県高等学校教育研究会理科部会、南日本新聞社、 MBC南日本放送、NHK鹿児島放送局、KYT鹿児島読売テレビ、 KTS鹿児島テレビ、KKB鹿児島放送、エフエム鹿児島、鹿児島シティエフエム、 FMさつま

お問い合せ

電子メール:
電話(平日10時〜16時):099-285-8089(鹿児島大学理学部物理科学科事務室)
ファックス:099-285-8088(鹿児島大学理学部物理科学科事務室)

トップページへ