日本語説明, English introduction, これまでの発表/List of prev. talks

鹿児島大学天文学談話会

鹿児島大学理学部天文学談話会とは、 宇宙物理学研究室の学生やスタッフを主たる対象として、 鹿児島大学を訪れている天文学研究者が自らの研究成果を中心に紹介する会合です。 不定期に開催されますので、興味がある方は積極的に参加して下さい。 (宇宙物理学研究室に所属していない人でも聴講参加できます。) 講師には原則として旅費援助や謝金は支給されません。 言語は日本語が標準ですが、講師によっては外国語(英語)となる場合があります。

談話会開催を希望する方は、世話人までご連絡下さい。 

AstroTalk in AGARC

"AstroTalk in AGARC" is a talk series on astronomy and related topics for members of AGARC and related persons including students, although we welcome anybody who is interested in; the non-members of AGARC are acceptable. The speaker is a member of AGARC or visiting scientists, engineers, or educators. It will be held from time to time. We are sorry but we cannot support any funding. Most talks are presented in Japanese, but some foreign speakers give the talk in English.

When you can give a talk, please contact the organizer shown below. 

歴代世話人/organizers in history


講演履歴/List of prev. talks

2011年度

第1回 2012/ 1/17 松永典之(東京大学)「銀河系中心領域の変光星探査」 

第2回 2012/ 2/07 林 正彦(国立天文台) 

2012年度

第3回 2012/ 4/13 Ross Burns(Cardiff University/鹿児島大学) 

第4回 2012/ 7/17 Matin Bureau(Oxford University)Observing Galaxies in 3D 

第5回 2012/12/ 5 郷田直輝(国立天文台)「赤外線位置天文観測衛星JASMINE計画と銀河系探求」 

第6回 2013/ 2/28 砂田和良(国立天文台)Far-infrared properties of YSOs 

2013年度

第7回 2013/ 4/18 今井 裕(鹿児島大学)「西オーストラリア滞在報告」 

第8回 2013/ 4/26 Orosz Gabor (Budapest University of Technology) Optical–radio positional offsets for active galactic nuclei 

第9回 2013/ 7/19 Ross Burns (Kagoshima University) Structure and Kinematics of the Milky Way based VERA observations of IRAS 20143+3634, IRAS 20056+3350 and other maser sources 

10回 2013/b8/ b9 亀﨑達矢(鹿児島大学)「星形成領域NGC2264X線源」 

11回 2013/10/11 小林秀行(国立天文台)「国立天文台の今後10年間」 

12回 2013/11/b5 福井康雄(名古屋大学)A new tool to measure dense HI gas based on the Planck dust properties: Evidence for massive HI envelopes surrounding CO clouds 

13回 2013/12/ 6 亀﨑達矢(鹿児島大学)「星形成領域NGC2264CX線源」 

14回 2014/ 1/10 Ross Burns(鹿児島大学)The role of disks in high mass star formation 

15回 2014/ 1/17 二間瀬敏史(東北大学)「弱い重力レンズによる宇宙の構造形成理論の検証」 

2014年度

16回 2014/ 7/10(暴風雨による大学閉鎖のため2014/9/29に延期) 

17回 2014/ 7/14 亀﨑達也(鹿児島大学)NGC2264C領域の距離測定とX線放射を伴うクラス0候補天体」 

18回 2014/ 7/16 Ross Burns(鹿児島大学)Using archival infra-red data as diagnostics for star forming regions 

19回 2014/ 7/25 Gabor Oroz(鹿児島大学)Exploration of high precision astrometry for stellar maser sources with very long baseline interferometry 

20回 2014/ 9/19 Gabor Oroz(鹿児島大学)Evolutionary diagnostics of AGB stars using time variation of maser species 

16' 2014/ 9/29 Ross Burns(鹿児島大学)trigonometric distance to IRAS20056+3350: massive star forming region on the solar circle 

21回 2014/11/10 Ryan Shannon (CSIRO Astronomy and Space Science) Constraining the Supermassive Black Hole Population with Gravitational Waves and Pulsar Timing Arrays 

22回 2014/12/4 吉井 (東京大学)「東京大学アタカマ天文台(TAO)プロジェクト」 

23回 2015/ 1/14 長尾 (愛媛大学)Subaru Wide-Field AGN Survey (SWANS) with HSC 

24回 2015/ 3/6 田村隆幸(JAXA 宇宙科学研究所)「X線で探る宇宙の大規模構造と暗黒物質」(講師体調不良のため取消) 

2015年度

25回 2015/ 7/24 實(慶應義塾大学)「インターネット望遠鏡ネットワークが切り開く天文学教育の新たな可能性」 

26回 2015/ 8/ 7 古屋 玲(徳島大学)「乱流と磁場で支えられたフィラメント状分子雲で形成された暴走的に収縮する分子雲コアおよび『原始的分子雲コア』の発見」 

27回 2015/10/ 8 Steve GoldmanKeele University)「The evolution and mass loss of AGB and RSG stars 

28回 2016/ 1/19 高桑繁久(ASIAA 台湾中央研究院 天文及天文物理研究所)「SMA ALMA による原始星連星の観測的研究」 

28.5回 2016/ 2/16 Dr. Richard Paul Armstrong (ケープタウン大学)Fast Radio Transients with MeerKAT 

29回 2016/ 2/26 James Chibueze (University of Nigeria)Multi-wavelength View of High-mass Star formation: Future AVN Contribution 

2016年度

30回 2016/ 4/ 5 Willem Baan(ASTRON名誉教授)「Interpreting Molecules and Masers[星間分子及びメーザーの解釈について] 

31回 2016/ 4/16 赤堀卓也 (鹿児島大学)「携帯電話の周波数帯で探る宇宙の磁化プラズマ」 

32回 2016/ 6/15 顔士韋[Yen Hsi-Wei] (台湾中央研究院天文及天文物理研究所)Observational Studies on Formation of Protoplanetary Disks 

33回 2016/ 7/19 亀野誠二(国立天文台チリ観測所)「チリとブラックホール」 

34回 2016/ 9/30 今井 裕(鹿児島大学)「多波長バンドVLBI観測実現に向けて: HINOTORIの紹介」 

35回 2016/10/ 7 大浜晶生、堤大陸(名古屋大学 天体物理学研究室)「一酸化炭素輝線観測による星間物質の研究~NASCO計画に向けて~」 

36回 2016/10/13 Burns, RossJIVE; the Netherlands)「Recent and future activities in maser VLBI 

37回 2016/11/25 澤田 佐藤聡子(鹿児島大学)「AGN torus traced by molecular absorption lines 

38回 [28.5回に対する番号調整] 

39回 2017/ 2/ 8 金川和弘(シチェチン大学)「原始惑星系円盤におけるギャップ構造と巨大惑星」 

40回 2017/ 3/ 1 塚本裕介(鹿児島大学)「ホール効果による原始惑星系円盤の分化進化とClass 0/I原始惑星系円盤中でのダスト成長過程の研究」 

41回 2017/ 3/21 Pedro Russo(オランダ ライデン大学准教授, 国際天文学連合 Communicating Astronomy for Public[大衆との交流がある天文学]分科会 会長) Global Programmes in Astronomy Education and Public Outreach[]「天文教育普及活動における世界的取組について」」 

42回 2017/ 3/28 Jamie FarnesExcellence Fellow, Radboud University Nijmegen)Seeing the Invisible Magnetic Universe 

2017年度

43回 2017/ 4/24 Kohji Tomisaka (National Astronomical Observatory of Japan Theoretical Group)Magnetohydrostatic Structures of Magnetically-Supported Filaments and their Stability 

44回 2017/ 4/25 Colin Norman (Johns Hopkins University)The formation and evolution of active galaxies and radio galaxies 

45回 2017/ 5/10 新永 浩子(鹿児島大学物理科学科)「米国国立電波天文台ソコロキャンパスでの海外研修若手教員海外研修報告ー」 

46回 2017/ 5/25 霜田 治朗(青山学院大学理工学研究科)「超新星残骸での乱流磁場スペクトル指数の測定について」 

47回 2017/ 5/30 藤田 裕(大阪大学宇宙地球科学専攻)「ひとみが遺したもの 銀河団加熱源の手がかりー」 

48回 2017/ 6/7 田中佑希(鹿児島大学理学部物理科学科塚本研)「磁気流体波動が駆動する短周期ガス惑星からの大気散逸と高層大気構造」 

49回 2017/ 6/13 戎崎俊一(理化学研究所)「タンデム惑星形成理論による地球の起源」 

50回 2017/ 6/26 Aidan McGirrArizona State University)「The TeamIndus Lab2Moon Challenge and the viability of producing and developing Cube-Satellites 

51回 2017/ 6/28 田中 恵理子(鹿児島大学数理情報科学専攻)「相対論的完全流体の幾何学的変分原理」 

52回 2017/ 7/12 工藤祐己(鹿児島大学理学部物理科学科和田研)「宇宙線を考慮した磁気流体方程式の新たな数値解法」 

53回 2017/ 8/24 川勝望(呉工業高等専門学校)「超新星爆発駆動モデルによる活動銀河核の遮蔽構造」 

54回 2017/ 9/28 Katherine M Pattle (University of Central Lancashire, U.K.)The magnetic field strength and energetics of OMC 1 

55回 2017/10/ 6 Susanne Aalto (CHALMERS UNIVERSITY OF TECHNOLOGY Sweden)Molecular outflows in AGNs and starbursts 

56回 2017/12/19 鈴木 (東大総合文化/名大理), 柿内 健佑 (名大理/東大総合文化)「銀河系中心領域での磁気活動とガスの動力学」 

57回 2018/ 1/23 長尾 透 (愛媛大学宇宙進化研究センター)「すばる望遠鏡HSCを用いた巨大ブラックホール進化の研究」 

58回 2018/ 2/28 Vachail Nicolas Salinas Poblete (Kagoshima University)Dust evolution and chemistry in planet-forming disks 

59回 2018/ 3/ 9 Gabor Orosz (Xinjiang Astronomical Observatory, Chinese Academy of Sciences)Episodic water fountain jets 

2018年度

第60回 2018/ 4/20 Jose Maria Torrelles (Institut de Ciencies de l’Espai, Barcelona)「Some breakthroughs in the study of massive star formation through multi-epoch VLBI maser observations」 

第61回 2018/ 6/ 1 二間瀬敏史(京都産業大学)「タイプIa型超新星のm-z関係のレンズ効果と、それによるニュートリノ質量、ダークエネルギーの制限」 

第62回 2018/ 6/28 松浦 晋也 (科学ジャーナリスト)「科学ジャーナリストとしての経験から(仮)」 

第63回 2018/ 6/5 Chikaedu Ogbodo (Macquarie University, Australia) 「Polarimetry of 1720-MHz OH Masers in Southern Star Forming Regions」 

第64回 2018/ 6/28 横山 広美 (東京大学 Kavli IPMU)「科学者の信頼」 

第65回 2018/ 8/23 川邊良平(国立天文台)・河野孝太郎(東京大学)「大型サブミリ波望遠鏡 LST」 

第66回 2018/ 8/23 町田 真美 (九州大学)「渦状銀河シミュレーションを用いた100MHz~10GHz帯の擬似観測」 

第67回 2018/10/10 Wako Ishibashi (the Institute of Astronomy, University of Cambridge)「The role(s) of AGN radiative feedback in galaxy evolution」 

第68回 2018/11/ 2 島尻芳人(サクレー原子力庁センター、フランス)「電波観測が明らかにする星形成の現場」 

第69回 2018/12/12 馬嶋秀行(鹿児島大学医歯学総合研究科)「毛髪に対する宇宙放射線影響研究」 

第70回 2019/ 2/22 島袋隼士(中国:清華大学)「21cm線で探る宇宙再電離期」 

第71回 2019/ 2/28 大田 泉(甲南大学)「テラヘルツ帯時間領域分光法を用いた光学素子の二次元面内空間分解可能な分光評価システムの開発」 

第72回 2019/ 3/19 藤本裕輔(オーストラリア国立大学)「銀河シミュレーションで探る、分子雲形成と進化、星形成、そして銀河系における太陽系の形成環境」

2019年度

第73回 2019/ 5/10 Colin Norman(John Hopkins University)「High Redshift Quasars: Formation, Feedback and Environment」

第74回 2019/ 5/21 山内正則博士(高エネルギー加速器研究機構 機構長)「加速器による素粒子研究」

第75回 2019/ 5/29 島尻芳人(鹿児島大学/国立天文台)「フィラメント形成シナリオの普遍性 --大質量星形成領域におけるフィラメント形成--」

第76回 2019/ 6/ 3 塚越崇(国立天文台 特任教授)「ALMAで探るTWHyaを取り巻く原始惑星系円盤の詳細構造」

第77回 2019/ 7/16 Lech Wiktor Piotrowski (理化学研究所)Optical observations of heavy stable macro particles crossing the atmosphere

第78回 2019/ 7/18 堤大陸 (名古屋大学) 「オリオン座分子雲における大質量星形成と超広域分子雲サーベイNASCO」

第79回 2019/ 7/22 徳田一起 (大阪府立大学) 「ALMAによる小質量星形成領域分子雲コアの詳細観測 

第80回 2019/ 8/ 1  田中圭(大阪大学) 「大質量星形成における複合フィードバック」

第81回 2019/ 8/ 1  Pierre Marchand (大阪大学)「Angular momentum regulation in star formation」

第82回 2019/ 9/ 19 Eduardo de la Fuente Acosta (Physics Department, CUCEI, Universidad de Guadalajara and CONACyT "HAWC" National Laboratory)「星形成領域に対するγ線から電波にわたる多波長での観測」

第83回 2019/ 9/ 24 福井康雄(名古屋大学)「Active star formation from HI gas in galaxies」

第84回 2019/ 11/ 1 Dr.  Marc Schartmann(Excellence Cluster Origins Ludwig-Maximilians-Universität & MPE)「The life cycle of circumnuclear gas discs in nearby galactic nuclei」

第85回 2019/12/20 二間瀬敏史(京都産業大学)「アインシュタイン方程式の平均化とハッブル定数問題の解決法」

第86回 2019/12/23 幸田仁 (ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校) 「近傍銀河と銀河系の星間ガス、星形成、構造など」

第87回 2020/1/30 田村陽一 (名古屋大学)「サブミリ波観測でさぐる宇宙の夜明けと銀河の誕生」

第88回 2020/1/31 Rhona Hamilton (アデレード大学) 「A multifrequency study of the M87 jet」

第89回   2020/3/30 吉田 雄城(国立天文台科学研究部)「渦状腕形成の素過程」

2020年度

第90回   2020/10/ 6 Ross A. Burns (EACOA, NAOJ, KASI)「Recent findings of the Maser Monitoring Organisation (M2O)」

第91回   2021/1/18 村瀬建 (鹿児島大学理工学研究科 D1)「複数の異なる分子輝線を用いた星間ガス雲の特性」