2003年 火星観望会


火星が大接近した8月27日、28日に鹿児島大学理学部の1m光赤外線望遠鏡において火星観望会を行いました。
このページは当日に撮影した観望会の様子です。
当日はあいにくの曇り空でしたが、それでも雲の切れ間から見える火星を見ることができました。



望遠鏡を覗くみなさん。ドームの中はたくさんの人でにぎわいました。
観測室のほうでは面高教授による宇宙に関する講話も開かれました。

もどる